着物の和裁を知ろう
joseiImage

作家物の作品だと高値で取引されることもあり人気

リサイクル業者に着物を販売する場合は、現代は洋服よりも少し値段がつかない場合があるかもしれません。 がしかし、作家物の着物だったり、包装紙のしっかりとした、保存状態の良い高価な着物の場合には、逆に洋服よりも有利に高値がつくことがあります。 着物の取引の場合は、洋服などの取引とは少し違った様子を呈している、というのが現状でもあります。 しかし、どこのリサイクル業者も買い取ってくれる場合は多いため、気になる着物がある場合は、一度訪ねてみるということも無駄ではありません。 ほとんどの場合は査定のみの場合は無料で鑑定してくれることが多い上、取引に必要な手続きもさほど難しいものではありませんから、気軽にチャレンジしてみるのも賢明かもしれません。 作家さんが作成した着物でも保証書がついていないと値が下がってしまうこともありますから、できれば保存している段階で、付属品等簡単に捨ててしまわずに管理しておく方が何かと有利な時代かもしれません。 リサイクルを頻繁に利用する人は、着物にかかわらずあらゆる商品において包装紙などは保管しておいた方が有利です。